プラスアルファで感謝の気持ちを

プラスアルファで感謝の気持ちを

私は基本的にお金を借りることが嫌いです。 子供の頃から身の回りでお金の貸し借りでのトラブルを抱えた大人たちを見る機会が多く、そんな大人になりたくないと強く思っていたからです。 しかし、社会人になって1度だけ財布を忘れて会社へ行き、同僚にお金を借りることになってしまった経験があります。 お金を借りたことがない私はとても言いづらく、申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、同僚は快く貸してくれました。 ランチと飲み物を買う程の少額でしたが、お昼が食べられないと非常に困るのでとても助かりました。 翌日きちんと返しましたが、とても助かったことと感謝の気持ちを込めて、同僚の好きなお菓子も一緒に渡しました。 コンビニで買えるようなお菓子ですが、同僚は喜んでくれました。 お金の貸し借りはたとえ少額でもトラブルになることも考えられるので、基本的には借りませんが 予想外の出来事に借りざるを得ないときは、当然ですが借りる相手との信頼関係のことを考えます。 そして、返すときには感謝を込め相手の負担にならない程度のプラスアルファを添えることにしています。 お金のことで相手との信頼関係を失いたくないです。

コンテンツ